価格650万のブラックロータス取り違えた?ビッグマジックに批判殺到 | fundreambox  

価格650万のブラックロータス取り違えた?ビッグマジックに批判殺到

遊戯王やデュエルマスターズ、ポケットモンスターなどで有名なカードゲーム業界。

そのカードゲームの発祥がマジック・ザ・ギャザリング(Magic the Gathering)。通称「MTG」

今回はそのゲームの同じ名前ではあるが、最古のカードと2番目に古いカードを取り違えて販売したということ。

300万円の価格差がある?

カードゲームに詳しくない人に説明すると、美術品を思い出してほしい。

鑑定士が色々な理由(もちろん根拠はある)をして、びっくりするような値段をつける。

今回の事件はそんな世界の出来事です。

こちらの画像の1枚目のアルファ版(α)を渡すはずが、2枚目の物を渡してしまった。

素人目にはよくわかりません。角の丸さで判定する??? 3枚目なら間違わなさそうですが

こちらの画像の2枚目と3枚目の赤丸の部分に注目すると明らかに取り違えていることがわかる。

そして、内容も衝撃だ。美品であれば1800万、今回は651万で売り出し、間違って渡した商品は300万程度とのこと。

今回の取り違えで300万円の損になってしまっている。大騒ぎになるのもうなずける。

大騒ぎの後の事件の顛末

無事、買うはずだった商品と交換という決着がついたようです。まずは一安心。

販売店舗側も公式に謝罪していますね。

Twitterでは詐欺との見方も出ていた

まことしやかに、カードの状態、値段をごまかしてくるお店だとか

今回気づかれなければ、時間をあけて売るつもりだったとか がありました。

詐欺はほぼありえない

お店とは信用で成り立っています。今回失敗してしまったBIGMAGICさんは多店舗展開もしているカードゲーム販売業界では大手とのこと。

一時の失敗なら取り返せますが、全商品に対する疑いを持たれてしまっては損害は300万どころではありません。

今後、重要なこととは

人間誰しも失敗します。重要なことは2度と繰り返さないようにすることではないでしょうか。

商品の受け渡しに際して、店員とお客様の確認だけではなく、もうひとりチェックする体制にするとかですね。

もはや、美術品や資産品のカテゴリーに入ろうとしているカードゲームのカードたち。

某鑑定団に出演して泣いている人たちのようにならないように、ちゃんとした知識、目利きを養わないといけない世界みたいですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください