【成田昌隆】他にも意外といる?ハリウッドで活躍する日本人アーティスト | fundreambox  

【成田昌隆】他にも意外といる?ハリウッドで活躍する日本人アーティスト

2020年1月27日、本日NHKで放送される「逆転人生」にハリウッドで活躍される日本人『成田昌隆(なりたまさたか)』さんが出演されるということです。

成田さんについては番組で詳しく紹介されるでしょうから、他にはこういう人って居ないの?って疑問から記事を書いてみました。

製作側(プロデュースや技術職、音楽、美術)にも日本人はいる

まずは「小西園子」さん。映画「トイ・ストーリー」シリーズでキャラクターに命を吹き込むシュミレーションを担当している方です。

シュミレーションとは、状況によって髪をなびかせたり物の重さを表現したりと細かいディテールを施す処理を行うこと。

「トイ・ストーリー」1作目ではセット美術と照明のジュニアテクニカルディレクターとして関わり、その後CGの技術の躍進により細かいディテールが再現されるようになって出来たシュミレーションという概念を担当し始めたとのこと。

成田さんのスターウォーズもすごいですが、子供に大人気のトイ・ストーリーにまで関わってる日本人がいるとは脱帽です。

CGのモデリング等のVFXには日本人が強い?

今回、NHK逆転人生で紹介される成田昌隆さんもそうですが、VFX(ヴィジュアルエフェクツ)界隈では日本人が結構活躍していますね。

例をあげると、SFの大作「トロン:レガシー」にVFXテクニカルディレクターを担った 坪川拓史さんと三橋忠央さんがそう。

坪川さんは トロン世界に広がる雲や雷、霧といった大気のエフェクト を担当。

三橋さんはCG上で若返った登場人物の製作を担当。この人、ベンジャミン・バトンでブラッド・ピットも若返らせたり年取らせたりしています。

この映画はCGシーンが75%あり、その世界を構築した二人といっても過言ではなさそう。

ハリウッドで音楽といったらあの人

映画「ラストエンペラー」で音楽を担当した坂本龍一さん。この人は俳優以外でハリウッドで活躍した日本人第一号かもしれませんね。

もちろん俳優さんも結構活躍している

ハリウッド版ゴジラには渡辺謙さん、アベンジャーズ エンドゲームには真田広之さん。パシフックリムではヒロインを菊地凛子さん、芦田愛菜ちゃんが演じてましたね。

やっぱり日本人ですから日本人のこと気になってしまいますよね。活躍している人なら尚更かと思います。

今回は成田昌隆さんのクローズアップにあわせて、応援も兼ねて他のハリウッドで活躍している日本人を紹介させてもらいました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください